中国市場調査のパイオニア・CCID日本事務所

CCID日本事務所

調査方法

 直接調査

T横断調査(Cross-sectional Study)

電話インタビューや直接訪問を通じて、中国七つの行政地区、31箇所の中心都市に位置する国内(外資含む)の主要企業、販売店、流通業者の複数対象を横断的に比較調査し、製品や市場に関する一次データと資料を入手してしいます。

 

U縦断調査(Logitudinal Study)

中国31箇所の重点都市に位置する自社又は自治体の調査機関を通し、現地の販売店、流通業者、エンドユーザーの特定グループに対して一定の時間間隔をおいて繰り返し調査を実施し、一次データを入手しています。

 間接調査

政府、業界団体、自社データバンク、既存資料を活用し、タイムリーに中国市場の関連情報と最新データを入手しています。

 総合分析

専属アナリストは、直接調査や間接調査を通して入手するデータ及び資料を分析し、成果物として報告書(レポート)を提供しています。

情報源

政府・企業・業界・地域及びICT専門メディアにおける情報チャネルを利用して中国市場関連の情報とデータを入手しています。CCIDは、過去20年に渡る中国市場(特にIT関連)の調査及び分析を通して蓄積してきた情報・データ並びに二次資料による統計・分析を通じて関連市場の研究をまとめ、商品としてマーケットインで提供しています。

 政府関連データバンク

「中国工業情報化省」傘下のシンクタンクであるCCIDは、定期的に関連部門から産業、政策、市場に関する情報及び統計データを入手しています。また、中国電子業界情報ネットワーク、中国モバイル通信産業ネットワーク、中国電子情報百強(Top100)企業ネットワーク、中国半導体業界ネットワーク、中国映像業界ネットワークなど政府関連ネットワークの情報も提供が可能です。

 政府関連機関

CCIDは、中国情報化推進聯盟(China Federation of IT Promotion, CFIP)の豊富な情報とデータバンクも利用しています。CFIPの役割は、ICT関連産業間の連携や情報交換、並びにIT推進を図ることです。CFIPは政府各省庁、企業、金融機関、各地域のICT主管部門及び企画部門の責任者によって構成されています。CCIDは定期的にCFIPから各業界・各地域のICT関連情報及びデータを入手することが可能です。

 地方自治体及び代理機関

CCIDの調査は、華北、華東、華南、華中、東北、西北、西南の七つ行政地区、60箇所以上の重点都市を網羅しています。CCIDは、上海、広州、深圳、成都、武漢、南京、杭州、西安、ハルビンなどの中心都市に、約20社の代理機関を設けています。専属のアナリストと調査員は、定期的に各地のICT企業、販売店、ユーザーと密接な連携を取り、最新データ及び資料を入手しています。

 業界団体

中国信息産業商会(China Information Industry Trade Association)、中国計算機業界協会(China Computer Industry Association)、中国軟件業界協会(China Software Industry Association)、中国計算機用戸協会(China Computer Users Association)、中国半導体業界協会(China Semiconductor Industry Association)などの中国におけるICT関連団体は、CCIDに連絡事務所を設置しているため、CCIDはこれらの団体から定期的に大量の産業及び市場のデータと情報を入手することが可能となっています。

 企業及び販売店

過去20年以上のコンサルティング業務を経て、CCIDは多くの企業(特にICT関連企業)や販売店と密接な業務関係を結んでいます。この関係に基づいて、定期的に訪問調査、電話調査、アンケートなどの方法で、企業や販売店から市場の最新データ及び情報を入手しています。

 メディア・媒体

「中国計算機報(China Information World)」、「中国電子報(China Electronics News)」、「中国計算機用戸(China Computer Users)」、「賽迪網(www.ccidnet.com)」、「中国電脳教育報(China Computer Education)」、「中国高新技術産業導報(China New Technology Guide)」、「通信産業報(Communications Industry News)」、「軟件世界(Software World)」などのメディアもCCIDの情報チャネルとなっております。また、これらのメディアを通して定期的にアンケートを実施することで、ユーザーや市場の関連データ及び情報を入手しています。

 自社データバンク

CCIDは、過去20年に渡る中国ICT市場の分析を経て、産業、市場、企業、販売店、ユーザーに関する大量のデータ及び情報を蓄積し、完成度の高いデータバンクの構築に成功しました。各業界のデータバンク、モバイル通信データバンク、各業界の情報化に関するデータバンクなどを有しています。過去のデータ及び情報を常時アップデートされているデータバンクは、CCIDの強い味方となっております。

 二次資料

CCIDは、第三者から入手するデータや資料を通し、ターゲット企業の製品技術、市場戦略、販売、サービスなどに関する情報を分析しています。これらデータや資料の出典元は主に、ニュース報道、業界メディア、企業決算報告書などであります。

お問い合わせ

CCID日本事務所